‘自主避難者に関する報道’

伊方原発の再稼働 高知県西部で不安の声「もし事故起きたら」 – 高知新聞

2016-08-11

高知新聞

伊方原発の再稼働 高知県西部で不安の声「もし事故起きたら」
高知新聞
四国電力の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)に近い高知県幡多地方の県境付近を訪れると、伊方原発3号機の再稼働に対する不安の声が聞こえてくる。もし事故が起きたら生活はどうなるのか。住み慣れた土地に戻れるのか。原発はいつかはゼロになるのか―。こうした疑問は …

and more »

福島第1原発事故 県が所得要件を緩和へ 自主避難者対象の家賃補助 /福島 – 毎日新聞

2016-08-10

福島第1原発事故 県が所得要件を緩和へ 自主避難者対象の家賃補助 /福島
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅の無償提供を打ち切った後に県独自で行う家賃補助について、県が、対象世帯の所得要件を緩和する方針を決めたことが9日、分かった。避難者らから「対象数が少なすぎる」と批判が相次いだための措置。今月中旬にも …

and more »

県、家賃補助要件緩和へ 住宅提供終了後の自主避難支援 – 福島民報

2016-08-10

県、家賃補助要件緩和へ 住宅提供終了後の自主避難支援
福島民報
県は自主避難者への住宅無償提供を平成29年3月末で打ち切る。一方、その後2年間(平成29年度、30年度)、県の公営住宅入居基準に合致した場合、家賃を補助するとしていた。家賃月額6万円を目安に1年目は2分の1(月最大3万円)、2年目は3分の1(同2万円)を負担 …
福島第1原発事故 県が所得要件を緩和へ 自主避難者対象の家賃補助 /福島毎日新聞

all 2 news articles »

県、家賃補助要件緩和へ 住宅提供終了後の自主避難支援 – 福島民報

2016-08-10

県、家賃補助要件緩和へ 住宅提供終了後の自主避難支援
福島民報
県は自主避難者への住宅無償提供を平成29年3月末で打ち切る。一方、その後2年間(平成29年度、30年度)、県の公営住宅入居基準に合致した場合、家賃を補助するとしていた。家賃月額6万円を目安に1年目は2分の1(月最大3万円)、2年目は3分の1(同2万円)を負担 …

<原発避難>住宅無償提供延長求め組織発足へ – 河北新報

2016-08-09

原発避難>住宅無償提供延長求め組織発足へ
河北新報
東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅無償提供を2017年3月で打ち切る福島県の方針を巡り、山形県内に暮らす自主避難者と支援者らが撤回を求める組織を近く発足させることが8日、分かった。方針撤回を求める全県的な組織は東北で初。9月にも福島県の …

and more »

SPEEDI活用、判断二分 原発事故時、混乱も 30キロ圏内自治体アンケート – 毎日新聞

2016-08-08

毎日新聞

SPEEDI活用、判断二分 原発事故時、混乱も 30キロ圏内自治体アンケート
毎日新聞
この指針に基づき、事故の際には5〜30キロ圏内の住民を原則屋内退避させる方針だが、SPEEDIの試算に基づいて住民が自主的に避難すれば交通網が混乱して退避時間が長引き、被ばくリスクが高まることが懸念される。 アンケートでも、国内で唯一稼働している川内原発 …

and more »

福島第1原発事故 「独自に住宅支援を」 自主避難者が札幌市に要望 /北海道 – 毎日新聞

2016-08-06

福島第1原発事故 「独自に住宅支援を」 自主避難者が札幌市に要望 /北海道
毎日新聞
東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で、道内へ自主避難した人たちでつくる市民団体「こだまプロジェクト」は5日、自主避難者の住宅支援など独自政策を行うよう求める要望書を札幌市に提出した。同団体の宍戸隆子代表は「母子避難などで生活困窮に陥っている …

<学校基本調査>福島の子どもの帰還鈍化 – 河北新報

2016-08-05

<学校基本調査>福島の子どもの帰還鈍化
河北新報
東京電力福島第1原発事故で県外に避難した子どもが戻る傾向が続いているとみられる。 … 前年度比の児童・生徒の増加数は14年度をピークに頭打ちになっているが、自主避難者への仮設住宅の提供が打ち切られる17年度以降、子どもの帰還が再び進む可能性もある。

and more »

みなし仮設、一部延長へ 要請受け県、対象は38世帯 /秋田 – 毎日新聞

2016-08-05

みなし仮設、一部延長へ 要請受け県、対象は38世帯 /秋田
毎日新聞
一方、岩手、宮城両県の計6市村の出身者と、東京電力福島第1原発事故による福島の避難区域以外からの自主避難者については、家賃無償での入居は17年3月末で打ち切りとなる。有償で住み続けられるかはケースによるという。対象は52世帯に上る。このほか、最大35 …

【ふくしま便り】 – 東京新聞

2016-08-04

【ふくしま便り】
東京新聞
憲法学者・鈴木安蔵の名を知る人は少ないだろう。日本国憲法の実質的な起草者とも言える存在だが、業績に比べて不当というほど顕彰されずにきた。その安蔵は福島県南相馬市小高区(旧小高町)で生まれ育った。世界にもまれな平和憲法のルーツは、自由民権運動の伝統 …

« Older Entries Newer Entries »

携帯からアクセス

原告団・支援する会ホームページ

弁護団専用ページ

Copyright(c) 2016 福島原発被害者支援かながわ弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業