‘自主避難者に関する報道’

松戸・東北交流プロジェクト サロン相談日、毎週に – 東京新聞

2016-06-30

東京新聞

松戸・東北交流プロジェクト サロン相談日、毎週に
東京新聞
松戸市の市民団体「東日本大震災復興支援 松戸・東北交流プロジェクト」は、大震災と東京電力福島第一原発事故から五年が経過して避難者の状況が多様化していることを受け、交流サロン「黄色いハンカチ」の運営などの活動を充実させている。今月から週一回の相談日を ...

高知県四万十市も伊方原発事故に備え原子力災害避難計画 – 高知新聞

2016-06-29

高知県四万十市も伊方原発事故に備え原子力災害避難計画
高知新聞
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の事故に備え、高知県四万十市は避難場所や安定ヨウ素剤の配布方法などについてまとめた「四万十市原子力災害避難計画」を策定し、28日、四万十市議会総務委員会に報告した。同様の避難計画は、高知県内では高岡郡梼原町に続い ...

【迫る伊方再稼働】(3)避難計画「本当に逃げられるか?」 – 高知新聞

2016-06-29

高知新聞

【迫る伊方再稼働】(3)避難計画「本当に逃げられるか?」
高知新聞
2011年の東京電力福島第1原発事故後、政府は原発から30キロ圏内の自治体に対し、避難計画の策定を義務付けた。訓練は、それを検証する狙い ... それでも一部が50キロ圏に入る高岡郡梼原町と四万十市は6月、自主的に避難計画を作った。 梼原町で50キロ圏に入るの ...

【迫る伊方再稼働】(3)避難計画「本当に逃げられるか?」 – 高知新聞

2016-06-29

高知新聞

【迫る伊方再稼働】(3)避難計画「本当に逃げられるか?」
高知新聞
2011年の東京電力福島第1原発事故後、政府は原発から30キロ圏内の自治体に対し、避難計画の策定を義務付けた。訓練は、それを検証する狙い ... それでも一部が50キロ圏に入る高岡郡梼原町と四万十市は6月、自主的に避難計画を作った。 梼原町で50キロ圏に入るの ...

株主総会 加速する再稼働に待った 福島事故で金沢に避難、75歳が「脱原発」議案 – 毎日新聞

2016-06-28

株主総会 加速する再稼働に待った 福島事故で金沢に避難、75歳が「脱原発」議案
毎日新聞
沖縄電力を除く電力9社の株主総会が一斉に開かれた28日。神戸市中央区で開催された関西電力の株主総会には、東京電力福島第1原発事故で福島県田村市から金沢市に自主避難している浅田正文さん(75)が株主となって初めて出席し、脱原発などを求める議案の説明に ...

and more »

株主総会 加速する再稼働に待った 福島事故で金沢に避難、75歳が「脱原発」議案 – 毎日新聞

2016-06-28

株主総会 加速する再稼働に待った 福島事故で金沢に避難、75歳が「脱原発」議案
毎日新聞
沖縄電力を除く電力9社の株主総会が一斉に開かれた28日。神戸市中央区で開催された関西電力の株主総会には、東京電力福島第1原発事故で福島県田村市から金沢市に自主避難している浅田正文さん(75)が株主となって初めて出席し、脱原発などを求める議案の説明に ...

and more »

福島第1原発事故 「仮設」無償提供継続の請願 山形市議会委が採択 /山形 – 毎日新聞

2016-06-28

福島第1原発事故 「仮設」無償提供継続の請願 山形市議会委が採択 /山形
毎日新聞
福島県が東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への仮設住宅の無償提供を2017年3月で打ち切る方針を示したことを巡り、山形市議会総務委員会は27日、継続を求める市民団体の請願を採択した。7月1日の本会議で採決される見通し。同様の請願 ...

and more »

福島からの避難者支援 相談センター開所式 金沢 – 中日新聞

2016-06-27

福島からの避難者支援 相談センター開所式 金沢
中日新聞
福島第一原発の事故を受けて、福島県から移住した人々を支援する「福島県広域避難者相談センター」の開所式が二十六日、金沢市荒屋町の県災害ボランティア協会の事務所であった。水戸雅之会長は「三県の避難者を支えたい」とあいさつした。 福島県が進める避難者の支援 ...

新議長を選出し閉会 /新潟 – 毎日新聞

2016-06-24

新議長を選出し閉会 /新潟
毎日新聞
同日の本会議では、東京電力福島第1原発事故による県内への自主避難者に対する独自支援策を盛り込んだ総額6億1925万円の2016年度一般会計補正予算案など18議案を可決・承認し、人事案件2件に同意。また沖縄県の米軍属による女性殺害事件への抗議と再発防止 ...

無償提供打ち切り後の住宅 7割弱世帯、決まらず /福島 – 毎日新聞

2016-06-22

無償提供打ち切り後の住宅 7割弱世帯、決まらず /福島
毎日新聞
対象には、原発事故で避難指示が出ている地域以外から県内外に避難している自主避難者のほか、地震や津波で被災し、仮設住宅で暮らす避難者が含まれる。 県は、住む家が決まっていないと回答した世帯や回答を得られなかった世帯を5月から戸別訪問し、支援策の説明 ...

« Older Entries

携帯からアクセス

原告団・支援する会ホームページ

弁護団専用ページ

Copyright(c) 2016 福島原発被害者支援かながわ弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業