‘自主避難者に関する報道’

福島第1原発事故 広野町が仮設戸別訪問 転居先未定の222世帯に意向確認 /福島 – 毎日新聞

2016-05-24

福島第1原発事故 広野町が仮設戸別訪問 転居先未定の222世帯に意向確認 /福島
毎日新聞
広野町は、東京電力福島第1原発の30キロ圏内で、事故後に町民の大半が町外へ避難した。だが、政府の避難指示は出ず、半年後に緊急時避難準備区域も解除された。このため町を離れた町民は「自主避難」扱いになる。 町によると、17日現在、いわき市と町内のプレハブ ...

たんぽぽ舎メルマガNO.2781~“隠れ反原発派がたくさん居る”ことを発見した – レイバーネット日本

2016-05-16

たんぽぽ舎メルマガNO.2781~“隠れ反原発派がたくさん居る”ことを発見した
レイバーネット日本
ひとりひとりの思いを実現させよう- パンフ「自主避難者を切り捨てることは『正義』を切り捨てること」 を読んで 講師:中手聖一さん、長谷川克己さん 内藤みちる(たんぽぽ舎ボランティア) ☆3.一体のものとしての原爆と原発 潜在的核武装と闘う反原発運動へ 連載その8(終) 武藤 ...

「めげずに前へ」 熊本地震1カ月、福島県からの避難者ら – 福島民友

2016-05-14

「めげずに前へ」 熊本地震1カ月、福島県からの避難者ら
福島民友
東京電力福島第1原発事故の影響で、いわき市から妻の実家がある熊本市中央区に自主避難した、東日本大震災避難者支え合いネットワーク「くま・とも・ねっと」代表の酒井智明さん(48)は、相次ぐ余震におびえた1カ月を振り返った。 酒井さんは熊本市内の小学校に1週間 ...

and more »

「めげずに前へ」 熊本地震1カ月、福島県からの避難者ら – 福島民友

2016-05-14

「めげずに前へ」 熊本地震1カ月、福島県からの避難者ら
福島民友
東京電力福島第1原発事故の影響で、いわき市から妻の実家がある熊本市中央区に自主避難した、東日本大震災避難者支え合いネットワーク「くま・とも・ねっと」代表の酒井智明さん(48)は、相次ぐ余震におびえた1カ月を振り返った。 酒井さんは熊本市内の小学校に1週間 ...

and more »

福島原発事故から5年「今こそ、私たちにできることをさがそう」 福島のお母さんの声を聞くトーク&ライブ – クリスチャントゥデイ

2016-05-13

クリスチャントゥデイ

福島原発事故から5年「今こそ、私たちにできることをさがそう」 福島のお母さんの声を聞くトーク&ライブ
クリスチャントゥデイ
Yukariさんの住んでいたいわき市は、避難指示区域外であるため、Yukariさんは区域外避難者もしくは自主避難者と呼ばれる。Yukariさんも含め、福島を出て避難している人たちの多くが、「先に逃げてしまってごめんね」という気持ちを5年たっても抱えたままだと話す。

玉野小・中(相馬)今年度で廃校 自主避難で子ども減 – 福島民報

2016-05-13

福島民報

玉野小・中(相馬)今年度で廃校 自主避難で子ども減
福島民報
相馬市西部の山あいにある玉野小と玉野中が今年度末で廃校の見通しとなった。少子化に加え、東京電力福島第一原発事故に伴う住民の自主避難で子どもの数が大きく減り、来春は児童・生徒が計6人になるため市は対応を決めた。小学校は約140年、中学校は約70年の ...

and more »

玉野小・中(相馬)今年度で廃校 自主避難で子ども減 – 福島民報

2016-05-13

福島民報

玉野小・中(相馬)今年度で廃校 自主避難で子ども減
福島民報
相馬市西部の山あいにある玉野小と玉野中が今年度末で廃校の見通しとなった。少子化に加え、東京電力福島第一原発事故に伴う住民の自主避難で子どもの数が大きく減り、来春は児童・生徒が計6人になるため市は対応を決めた。小学校は約140年、中学校は約70年の ...

and more »

福島被災者が美里で便利屋 京都に避難・紺野さん「古里・東北で、お役に」 /宮城 – 毎日新聞

2016-05-12

福島被災者が美里で便利屋 京都に避難・紺野さん「古里・東北で、お役に」 /宮城
毎日新聞
引っ越しから買い物までさまざまな仕事を代行する便利屋「ねこの手ジャパン」(本社・京都府)が、美里町に支店をオープンした。設立したのは、東京電力福島第1原発事故で福島県から京都府に自主避難した紺野英明さん(44)。来春以降、仮設住宅の入居期限を迎える被災者 ...

国の責任で復興急げ – しんぶん赤旗

2016-05-12

国の責任で復興急げ
しんぶん赤旗
被災者生活再建支援金の500万円への増額、応急仮設住宅や災害公営住宅の早急な建設、鹿児島県川内(せんだい)原発の即時停止、福島第1原発事故による自主避難者に対する住宅提供の継続を求めました。 熊本地震で被災した、熊本県労連の楳本(うめもと)光男議長 ...

広野町、帰還の意思調査 2016年05月11日 – 読売新聞

2016-05-11

広野町、帰還の意思調査 2016年05月11日
読売新聞
広野町は23日から、避難中の675世帯を対象に、来年3月以降の住まいに関する個別聞き取りを始める。同町は東京電力福島第一原発事故で政府の避難指示が出ず、町を離れた町民は自主避難者扱いになっているが、来年3月には、自主避難者への避難先住宅の無償提供 ...

« Older Entries

携帯からアクセス

原告団・支援する会ホームページ

弁護団専用ページ

Copyright(c) 2016 福島原発被害者支援かながわ弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業